車検・一般整備

【整備】 三菱 ミニキャブトラック オイル漏れ修理

 

坪田自動車
こんにちは。坪田自動車です。

 

 

坪田自動車
さて、今回は『愛され過ぎている軽トラ』の登場です。

 

 

というのも、とても車大好きの車マニアです!みたいな方では無く、ただただ今使っている軽トラを長く乗りたいってお客さんの軽トラ。

 

 

だから、特別綺麗な軽トラなわけでもなく、いたって普通の軽トラ。

 

 

でも、修理する時になるといつも最上級の修理方法で修理を行う方の軽トラ。

 

 

さて、そんな軽トラですが、20万キロ近いもんでオイル漏れが凄いんです。

 

 

軽トラだと、正直壊れたら壊れたで仕方ないよねみたいな感じの方がほとんどなので、多少のオイル漏れがあっても洗浄で済ましたり、オイル漏れ防止剤で少しでも収まればラッキーかなみたいな、悪く言うと誤魔化しながら整備する事が多いんですが、とにかくこの軽トラは『愛され過ぎている』ので、修理もかなりキッチリ行います。

 

 

それでは修理開始です。

 

 

 

A/Tを取り外す

 

おお・・・滴っていますね・・・

漏れ箇所としては、リヤクランクシールとオイルパンが主でしょうか。

軽トラのA/Tはすぐ降りるのでサクッと外してみましょう。

 

 

 

ちょっと一気にここからの写真ですが、これA/Tを外したエンジンの裏側。

茶色い円状の物がクランクシャフトのシール。まずはこれを変える。

んでもって、クランクシールの下についている黒いものがオイルパン。これのガスケットを変える。

この2点でメインのオイル漏れは解消されるでしょう。

 

 

 

20万キロ走っているA/Tの油圧回路。

せっかくA/T外すんだからと、バルブボデーの中を掃除して組み付けます。

 

 

 

いまいちわかりにくいですが、A/Tオイルパンの中。

思ったより鉄粉が溜まっていないですね。

 

 

A/Tのフィルターです。

これは結構目詰まりしていましたね。交換して正解かもしれません。

 

 

 

そんなこんなで組み上げてロードテストを行えば完成です。

 

 

 

工場で預かっている最中に少しロードテストをしたところで、漏れが直ってるかどうかの判断なんて出来ないので、これでしばらく乗ってもらいます。

 

 

少しロードテストした程度であからさまに漏れてたら、多分私が作業ミスしてるだけです。

 

 

このお客様は半年後に車検なので、その時にまたチェックしてみましょう!

 

 

ちなみに今回の軽トラはブレーキの修理でも上級の修理方法を選んでいます。

この軽トラ何年乗れるかな~。

 

愛されている軽トラのブレーキ修理編はコチラ

【修理】ミニキャブトラック 走行中の異音 ブレーキキャリパーオーバーホール

続きを見る

 

 

 

坪田自動車
この度はご入庫ありがとうございました!

 

 

 

 

坪田自動車について

 

 

最後までブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

 

坪田自動車は、神奈川県の寒川町・茅ケ崎市にて

 

車のヘコミやキズを直す『鈑金・塗装』

車の整備・修理を行う『車検・点検・一般整備』

 

業務を主として行っている自動車修理工場です。

 

 

坪田自動車はこんな方にオススメです。

 

『車をぶつけてしまった・・・どこか安く直せるところはないかな・・・』

『ディーラーで見積もり20万円と言われた・・・他に方法は無いかな・・・』

『最近エンジンの調子が悪い・・・どこか見てくれるところは無いかな・・・』

 

などなど、自動車の事なら全般的に受け付けております。 お車でお困りの方はお気軽にご相談下さい♪

 

 

参考お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

続きを見る

 

 

 

 

 

-車検・一般整備

© 2022 坪田自動車のクルマ修理ブログ Powered by AFFINGER5