エンジン 車検・一般整備

E12 ノート エンスト 加速不良 異音

 

坪田自動車
こんちは!神奈川県寒川町の坪田自動車です!

 

今回は・・・

 

ノートがエンストするようになりました・・・加速もおかしいし、変な音もします・・・
お客様

 

とのご用命です。

 

工場に入って来るときに明らかにおかしい音はしていました。

 

乗った感じもあきらかにおかしい・・・

 

とりあえず診てみましょう!

 

 

エアダクトが折れている

 

アクセル踏むと『ヒュイーン』と甲高い聞きなれない音がします。

 

実はこのE12ノートはスーパーチャージャーが搭載されている DIG-S というグレードなんですが、あきらかにスーパーチャージャーの音が外に聞こえている状態。

 

 

 

 

音の出どころはここ・・・

 

 

 

ありゃま・・・

エアダクトが折れていますね。

 

 

 

修理とかそういうレベルではなさそうなので新品に交換。

 

交換後は、異音もエンストも加速不良もまとめて直っています。

 

ノートに搭載されているHRエンジンは元々ノンターボエンジンで、ティーダやノート、キューブ、マーチあたりに搭載されたのが最初です。

 

スーパーチャージャー付きのHRエンジンが国内で最初に発売されたのはジュークだったかな?

 

記憶は曖昧ですが、スーパーチャージャー付きのニッサンHRエンジンの歴史は非常に浅いのです。

 

どのメーカーにも言える事なんですが、新しいシステムが搭載された車両ってのは、あまり見慣れない不具合が起こる事が多いのです。

 

グロリアやスカイラインに搭載されていたVQエンジンをFF車のムラーノやティアナに搭載した初期の頃も今回の症状と同じような『ダクトが外れる』といった不具合が多かったのを覚えています。

 

当社でお世話させて頂いているスーパーチャージャー付きのノートはこの車両だけなので、今回の故障は初見だったのですが、全国的にはよくある故障なのではないかと思います。

 

エアダクトが折れることによって引き起こされる不具合は、エンストや加速不良だけにとどまらず、急にエンジン回転数が跳ね上がることもあったので、修理内容は割と簡単なんですが、非常に危険な車になっていたといえます。

 

もし、スーパーチャージャー付きのノートにお乗りの方でこの症状が発生した場合は、無理に公道に出ずロードサービス等を利用して工場へ搬入したほうが良さそうだなと思います。

 

 

運転手の意図に反した挙動を車がするので、とても危険です。

 

 

坪田自動車
ご注意ください!

 

 

 

 

 

 

-エンジン, 車検・一般整備

© 2021 坪田自動車のクルマ修理ブログ Powered by AFFINGER5