車検・一般整備

[車検] C26 セレナ スパークプラグ交換

 

坪田自動車
こんちは!神奈川県寒川町の坪田自動車です!

 

今回は、藤沢市からお越し頂いたお客様のC26セレナの車検整備を行っていきます。

 

今回初めてのご来店で、今までディーラーさんでしっかりと整備を行ってきた車両になりますが、走行距離が10万キロ近いという事もあり、各消耗品の交換もお任せ頂きました。

 

坪田自動車
ありがとうございます!

 

 

それでは、作業に取り掛かっていきます。

 

 

 

スパークプラグ交換

 

C26セレナのスパークプラグ交換時期は10万キロになります。

 

20万キロ以上乗る方はそんなに多くは無いので、ほとんどの方が1度交換するかしないかの部品になりますね。

 

白金やイリジウムプラグが標準になるまでは、スパークプラグは3万キロ前後あたりが交換時期だったので、結構な頻度で交換していた部品なんですよね。

 

スパークプラグとは?

空気とガソリンが混ざった混合気に火花を飛ばし、点火させる為の部品です。ライターの『カチッ』とやる部分と同じだと思って貰うとわかりやすいかと思います。火花が弱いと、ガソリンに火が付きにくくなるので、パワー・燃費が落ちたりしてしまうので、定期的な交換が必要になります。

 

白金やイリジウムプラグは10万キロに一度交換すれば良くなったので、どの車両も簡単にプラグが外せない構造になっています。

 

今回のセレナはスパークプラグを外す為に、インテークマニホールドを外す必要があるので、所要時間は約1時間半ほどかかります。

 

 

まずは、インテークマニホールドを外す為に、ダクト・スロットルを外す。

 

 

 

 

配線やホースを一通りは外し、手前10㎜5本・奥12㎜2本のボルトを抜けばインテークマニホールは外れます。

 

 

 

 

外れました、結構大きいです。

 

 

 

マニホールドを外すと、コイルがやっと見えるので、コイルを外しプラグ交換に着手していきます。

埃が溜まっているので、コイルを外す前に埃やゴミを取り除いてあげましょう。

 

 

作業的にはイグニッションコイル交換とほとんど同じですね。

 

参考(C25コイル交換)[一般整備]C25 セレナ エンジン警告灯点灯 イグニッションコイル交換

続きを見る

 

 

スパークプラグの新・旧比較ですが、イリジウムはほとんど変化が見られませんね。

やや先端が丸くなっているぐらいでしょうか。

従来のプラグだと、電極が明らかに斜めに減っていたり、丸くなっているのがわかるんですが、イリジウムだとこんなもんですね。

 

 

 

使うプラグソケットは14ミリです。

16ミリのプラグが多いと思うんですが、ここ最近10年ぐらいの日産車は14ミリが多いです。

初めて14ミリのプラグを見た時は、少しビックリしたのを覚えてます。

 

 

14ミリのプラグレンチは日産のMRエンジンのプラグ交換には必須です!

 

プラグ交換が終わったら、外した部品を元に組みなおすんですが、せっかく外したインマニとスロットルをついでに洗浄しておきます。

 

 

 

このあたりも10万キロでリセットしておけば、汚れが原因のトラブル予防にもなります!

 

 

スロットルバルブの洗浄には、ワコーズのスロットルバルブクリーナーを使用しています。

電動スロットルに使用する目的で開発されたようなので、安心して使用出来ます。

当社の請求書にクリーナー代として載っているのはこのクリーナー費用ですね。

 

作業が完了したら、吸入空気量学習を行って、データーでエア吸いなどの異常が無いかチェックすれば完成です。

 

 

 

 

 

補機ベルト交換

 

補機ベルトから『シュルシュル』と音がしていたので、ベルト交換も行います。

 

1本張りのベルトなので、太くて長~いですね。

 

 

 

オートテンショナーなんですが、取り付け位置の都合上工具が非常に入りづらく、コツを掴まないと凄い時間がかかります・・・

特殊工具があるのでそれを使えば良いんですが、私は毎回特殊工具は使わずに作業しています。

何度かやればベストな工具の組み合わせが発見出来るので、最近は特に苦労はしていません。

 

 

ベルトが外れたら、新品のベルトを取り付けて完成です。

 

 

交換後はシュルシュル音は無くなって静かなエンジンに♪

 

 

リヤブレーキパッド交換

 

残量が少ないので、リヤブレーキパッドを新品に交換します。

 

 

C26はあまり聞かない気もしますが、C25セレナのリヤブレーキはとにかくブレーキ鳴きしやすいブレーキでした。

 

シム追加したり、グリスを多めに塗したりと、当時のディーラーはいろんな事を試しましたね。

 

最終的には、メーカーからブレーキ鳴き対策シムが追加で出たような気がする・・・出てなかったかな・・・

 

セレナとムラーノはとにかくブレーキ鳴きで悩まされた経験がありますね。

 

何故特定の車種だけブレーキ鳴きが酷いのかは現場レベルでは正直よくわかりませんが、メーカーさんの方でしっかりと対策して欲しいものです。

 

こちらもCHECK

車のブレーキがキーキー音がする!故障?交換しないとダメ?

続きを見る

 

 

-車検・一般整備

© 2021 坪田自動車のクルマ修理ブログ Powered by AFFINGER5