エンジン 車検・一般整備

【整備】スバル ヴィヴィオ オイル漏れ修理 オイルポンプガスケット交換

 

坪田自動車
こんちは!神奈川県寒川町の坪田自動車です。

 

 

今回のご用命は・・・

 

 

エンジンからオイル漏れしているようなんです。
お客様

 

 

とのご相談です。

 

 

平成5年式のスバルのヴィヴィオ・・・

 

 

この時点で一筋縄ではいかなそうな雰囲気がしますね・・・

 

 

サンバーなどもそうなんですが、この年代のスバルの軽自動車はとにかくオイル漏れが多い。

 

 

そんでもって、漏れる個所も1か所ではないため、あちらこちら修理が必要になるケースが非常に多い。

 

 

ヘッドカバーガスケットなんかだと、割と安価であっさりと終わるんですが、なかなかそんなケースは少ない。

 

 

ほとんどが、エンジンオイルパンやクランクシャフトのシールだったりと、結構な作業を要する車が多いのが事実・・・

 

 

さて、今回のヴィヴィオですが、最終的にはオイルポンプからのオイル漏れが発覚し、エンジンを下ろさないで修理するオイル漏れとしては結構時間のかかるオイル漏れ修理となりました。

 

 

それでは、修理に取り掛かっていきます!

 

 

タイミングベルトを取り外す

 

 

 

一番オイル漏れが酷く確認出来たのがここ。

オイルパンからはそこまで漏れてなく、エンジン前の上側あたりから漏れているようです。

現状で怪しいのは、カムシャフトシール・オイルポンプパッキンですね。

どちらもタイミングベルトの取り外しが必要です。

 

 

 

 

FFで作業スペースの狭い車両ですが、外す部品点数は少ない為、ここまでいくのに30分もかかりません。

タイミングベルト交換だけだったら、かなり楽チンな車ですね。

この写真を見ればわかる通り、タイミングベルトカバーの中はオイルで濡れています。

カムシャフトからのオイル漏れはまず間違いなさそうですね。

 

 

 

カムのプーリーとバックプレートを取り外すと、カムシールがこんにちはです。

あきらかに滴っています。そんでもって、シールが結構飛び出ているんですよね。

作業した形跡は特にないし、なんでだろう?

大体ヘッドの面とツライチぐらいまでシールが打ち込んである車両がほとんどだと思うんですが・・・

 

 

 

オイルポンプガスケット交換

 

 

上側がバラけたので、下側もバラしにかかります。

黒い部分のオイルパンを外したのち、オイルパンの上側についているオイルポンプを取り外していきます。

ちなみにここからは、常に手がベロベロですし、作業に集中している為、写真はあまりありません笑

 

 

 

オイルパンを外すのに結構手間取りましたが、無事にオイルポンプの取り外しに成功!

液体ガスケット・・・まあ接着剤みたいなものでオイル漏れを止めているんですよ。

古くなってくると、その接着剤みたいなやつに隙間が出てきて、オイル漏れしてしまうというわけです。

この残ったガスケットを剥がすのが大変です。

残ったまま新しいガスケットを塗ってしまうと、オイル漏れの原因となってしまうので、かな~~~り念入りに清掃します。

 

 

タイミングベルト取り付け

 

 

カムシャフトシール・クランクシャフトフロントシール・オイルポンプガスケット・オイルパンガスケット・ウォーターポンプの交換が終われば、ここから折り返し。

新品のテンショナーやスプリングとともに、タイミングベルトを取り付けます。

どうですか?ピカピカでしょ?

 

 

 

外した部品を取り付けていくわけなんですが、せっかくなのでフロントカバーやオイルレベルゲージガイドも綺麗にしてから組み付ける。

別に汚れたままでも、特別エンジンには支障はありませんが、せっかく外したなら綺麗にしたいですよね。

汚いまま組み付ける整備士と、綺麗にしてから組み付ける整備士どちらに作業してほしいですか?ってハナシ。

当然手間暇はかかるわけですが、ここは私のこだわりポイント。

仕事も趣味の野球もそうですが、『細かいところにこだわっていこうぜ!』てのが、信条です。(自分で書いててなんですが、胡散くせ~笑)

 

 

 

 

 

一通り組み終わったら、エンジンオイルと他のエンジン内部のゴム部品の為に、オイル漏れ防止剤を注入し、完成チェックを行い完成です!

 

 

●エンジンパワーシールド

オイル漏れ防止や、オイル上がり・下がり予防、オイル消費が多い車などによく使います。少しでも予防出来ればラッキーと思って使ってます。

 

 

正直エンジンオイル漏れの作業は、多少チェックしたところで本当に直っているのかどうかは確信が持てません。

 

 

一旦お客様にお渡しして、数か月単位で再度チェックするのがベストだと思います。

 

 

とりあえず今のところは全く問題が無いので、これにて引き渡しです。

 

 

ちなみに作業ミスをしていたら、この時点でオイルが滴ってきます(汗)

 

 

 

まとめ

 

 

今回はスバルヴィヴィオのオイル漏れ修理を行いました。

 

 

作業時間のかかる個所の修理だった為、費用はそれなりにかかってしまいましたが、このヴィヴィオなんとオープンカーだそうで、レアな車です。

 

 

是非とも大事に長くお乗りになってほしいものですね。

 

 

坪田自動車について

 

最後までブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

 

坪田自動車は、神奈川県の寒川町・茅ケ崎市にて

 

車のヘコミやキズを直す『鈑金・塗装』

車の整備・修理を行う『車検・点検・一般整備』

 

業務を主として行っている自動車修理工場です。

 

 

坪田自動車はこんな方にオススメです。

 

『車をぶつけてしまった・・・どこか安く直せるところはないかな・・・』

『ディーラーで見積もり20万円と言われた・・・他に方法は無いかな・・・』

『最近エンジンの調子が悪い・・・どこか見てくれるところは無いかな・・・』

 

などなど、自動車の事なら全般的に受け付けております。 お車でお困りの方はお気軽にご相談下さい♪

 

 

参考お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

続きを見る

 

-エンジン, 車検・一般整備

© 2022 坪田自動車のクルマ修理ブログ Powered by AFFINGER5