エンジン 車検・一般整備

【修理】ラシーン エンジンがかからない スターターモーター交換

 

坪田自動車
こんにちは!神奈川県寒川町の坪田自動車です!

 

 

今回は、私がサボ・・・不在の時に入庫したラシーンの修理となります。

 

 

症状としては・・・

 

 

『エンジンがかからない・・・』

 

 

最悪ですよね・・・

 

 

困りますよね・・・

 

 

不幸中の幸いか、今回は近所のピザ屋さんでの不具合らしく、直ぐに牽引で工場へと搬入出来たそうです。

 

 

と、ここまでが私のいない間の出来事で、ここからは私のお仕事となります。

 

 

まずは何が原因なのか・・・診ていきましょう。

 

 

 

 

エンジンがかからない原因

 

 

まず頭をよぎったのが、LLC通路の詰まり若しくは、ウォーターポンプ破損によるオーバーヒート・・・

 

 

少し車に詳しい方なら、エンジンがかからない不具合で何故一番最初に『オーバーヒート』を疑うのだろうか・・・と疑問に思うと思います。

 

 

その理由としては、約半年程前の車検整備で以下のような状態であったからです。

 

 

今回のラシーンの車検整備はコチラ↓

こちらもCHECK

[車検整備]RFNB14 ラシーン LLCに錆

続きを見る

 

 

この記事にある通り、初めて当社に来た状態はエンジンがかなりピンチな状態でした。

 

 

車検整備時に念入りに冷却水関係を整備しましたが、とうとうダメになったか・・・というのが、今回一番最初に思った事です。

 

 

まあ、こんな事を頭に入れた状態で診断をスタートするわけなんですが、余計な情報に拘りすぎると、誤診断をしてしまう可能性大。

 

 

なので、一旦頭をリセットさせてから診断にとりかかります。

 

 

今確認出来る症状としては・・・

 

 

  • エンジンがかからない
  • セルが回っていない
  • バッテリーブースタを繋いでも回らない
  • オーバーヒートの形跡は無し
  • クランクは回転する(これ重要)

 

こんな感じです。

 

 

クランクシャフトが工具を使って回転する程度であれば、とりあえずオーバーヒートによる焼き付きでは無さそうです。

 

 

今回は結果として、セルモーター内部の不具合で、セルモーターが回転しないため、エンジンがかかっていませんでした。

 

 

オーバーヒートでは無さそうなので、一安心といったところですね。

 

 

原因がハッキリしたら、交換作業に取り掛かります。

 

 

 

スターターモーター交換

 

 

ラシーンのスターターモーターは取り付け位置の都合上、作業が非常にし難い・・・

 

 

4WDなので、工具がなかなか入らないし、手も入りにくい・・・

 

 

ここ最近の車で、セルモーターの交換がしづらい車両はめっきり減ったように感じますが、ひと昔前の車はみんなこんな感じだったような気がします。

 

 

インテークマニホールド下側あたりにスターターモーターが付いています。

上からも、下からも作業しにくいです・・・

結果として、端子以外のボルトは全て上側からの作業で外れました。

意外と、余計な部品の脱着は必要なく、工具種類がモノを言う作業でしたね。

 

 

 

外したスターターモーターです。

新車からずっと頑張ってたんでしょう。そんな見た目してます。

今回リビルト品のモーターに交換したので、取り外したモーターは新たなリビルト品に生まれ変わってくれるでしょう!

 

 

 

この手の仕事は、何回やっても、何年やっても、部品交換後にエンジンをかける瞬間は少しドキドキします。

 

 

『もしかからなかったら・・・?』

 

 

が、頭をよぎるんですよね笑

 

 

結果問題無く、エンジンはかかるようになり、無事に収める事は出来ましたが、数年に一度くらいは『直ってない!』と焦るケースがあったり・・・なかったり・・・

 

 

とりあえず、最悪のケースのオーバーヒートでは無く、セルモーター交換で無事に修理が出来てホッとしています。

 

 

 

まとめ

 

 

やはり年数の経過した車両はこのようなトラブルは少なくありません。

 

 

こんなトラブルを未然に防ぐことは出来ないんですか?
お客様

 

 

とご質問を頂くこともあるんですが、

 

 

未然に防ごうとすると『あらかじめ部品を交換する』ぐらいの方法しか私は考え付きません。

 

 

結局、『現状問題無く作動している』部品の交換をお勧めするのは、過剰整備とみられてしまう可能性が高く、よほど予防整備をしっかりしたいよとお話をしているお客様でもない限り、通常の車検整備などでこのあたりの部品交換をお勧めする事は無いと思います。

 

 

それは、私だけではなく、車業界全体がそうだと思うんですよね。

 

 

異音など明らかにわかりやすい不具合でも出ていなければ、車検でセルモーター交換の提案を受けることはまず無いと思います。

 

 

湯水の如く車の整備にお金を使いたいよってお客様なら話は別ですが、そんな人はまずいませんし、現状悪くもない部品を次から次へと交換したいと申し出されても、たぶん止めると思います笑

 

 

ちなみに今回ラシーンはスターターモーターが故障し、エンジンがかからなくなりましたが、年式的に考えても燃料ポンプあたりもいつ壊れてもおかしくは無いはず

 

 

じゃあ予防整備として燃料ポンプ交換しましょっか・・・って軽い気持ちで交換出来るほど、燃料ポンプ交換も安くは無いので、ある程度の年式の車をお乗りの方は、そのあたりをしっかり頭に入れながら乗らないと、急に愛車とお別れする事にもなってしまいます。

 

 

そのあたり上手い事整備していきたいところですが、人間も車も年には勝てないんですよね・・・

 

 

坪田自動車
この度はご入庫ありがとうございました!大事にお乗りくださいませー

 

 

坪田自動車について

 

最後までブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

 

坪田自動車は、神奈川県の寒川町にて

 

車のヘコミやキズを直す『鈑金・塗装』

車の整備・修理を行う『車検・点検・一般整備』

 

業務を主として行っている自動車修理工場です。

 

 

坪田自動車はこんな方にオススメです。

 

『車をぶつけてしまった・・・どこか安く直せるところはないかな・・・』

『ディーラーで見積もり20万円と言われた・・・他に方法は無いかな・・・』

『最近エンジンの調子が悪い・・・どこか見てくれるところは無いかな・・・』

 

などなど、自動車の事なら全般的に受け付けております。 お車でお困りの方はお気軽にご相談下さい♪

 

 

参考お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

続きを見る

 

-エンジン, 車検・一般整備

© 2021 坪田自動車のクルマ修理ブログ Powered by AFFINGER5