車検・一般整備 電装

ホンダ ステップワゴン RG1 オルタネーター交換

 

坪田自動車
こんちは! 寒川・茅ヶ崎の自動車修理工場の坪田自動車です。

 

お客様
メーター内のバッテリーの警告灯が点灯しているんです。

 

とのお問い合わせを頂きました。

 

バッテリーの警告灯は、車の発電系統に不具合が発生している場合に点灯します。

発電警告灯チャージランプと呼びます。

バッテリーの形をしている赤いマークですね。

 

発電されていない車は、ラジコンみたいに電池で走っていると同じなので、非常に危険ですので走行しないようにしましょう。

 

急にエンジンが止まってしまいます。

 

では、早速修理していきましょう。

 

 

オルタネーター交換

 

お預かり時の電圧は無負荷状態で、14.0Vです。

これだけ見ると、異常な電圧には見えませんが、ライトやエアコンなど負荷を与えると、みるみるうちに電圧が下がっていきます。

 

この場合はオルタネーター本体以外にも不具合は考えられますので、診断は少し悩みますね。

電圧だけではなく、電流の測定や、コネクターの接触不良や配線の断線等も視野にいれて診断を行っていきます。

 

 

 

診断の結果としては、発電機内部の不具合と判断したので、発電機本体『オルタネーター』を交換していきます。

 

 

作業工程は非常に少ないホンダのエンジンですが、スペースは狭いです。

 

 

知恵の輪的にオルタネーターを車両から取り外します。

難易度はそんなに高くないです。

 

 

今回はリビルトオルタネーターを使用します。

思いのほか部品の金額は高めでした。

 

 

作業後の充電電圧の測定

 

オルタネーターを交換したら、発電量が正常化どうかを確認します。

 

写真を撮り忘れてしまいましたが、無負荷で14V前後

負荷をかけた状態でも大きく電圧が落ち込みませんので、正常です。

 

まとめ+費用目安

 

今回はステップワゴンの発電警告灯が点灯した車両のオルタネーター交換を行いました。

 

オルタネーターは消耗品です。

 

故障を防ぐには、あらかじめ交換、O/Hするなどが必要ですが、予防整備としてはめったに行いません。

 

長く車を使用する。と決めている方の車両では予防整備を行っていますが、10万キロそこそこで乗換える場合は、予防整備と考えると・・・う~んと少し考えてしまいますね。

 

予防するに越したことはありませんが、なんでもかんでも予防していたら、キリが無いですからね。。。

 

作業 費用目安(部品+工賃)
発電不良診断 2000~3000円
リビルトオルタネーター交換 40000円~45000円

注意ポイント

こちらの費用は目安になります。症状や車種で金額は変わりますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

-車検・一般整備, 電装

© 2021 坪田自動車のクルマ修理ブログ Powered by AFFINGER5